ハウスクリーニングの開業は簡単|自営を叶える

会計を行う設備の種類

店員

タブレットのタイプが人気

飲食店や販売店を開業するときにはレジを導入する事になりますが、種類によって特徴やメリットが異なるため、店舗に合わせてレジを選ぶ必要があります。店舗で使うレジは大きく分けて3つの種類があり、最も多くの店舗で利用されているのがレジスターです。このタイプは会計するためだけに設計されているため、シンプルな構造でボタンも少ないため、誰でも使い方を覚えられます。ただしレジスターは会計に特化した種類なので、商品の売り上げ管理や他店舗のデータを見たりする事はできません。また手で打ち込むことで会計の操作を行うため、他の種類と比べて間違って操作をしてしまうリスクがありますが、価格が安いため小規模な店舗でも気軽に導入できます。POSレジはデザインは以前のタイプと似てますが、商品のバーコードを読み込む事ができるため、素早い会計を行えます。また以前のタイプと比べて間違った入力をするリスクが少なく、データ管理をする事ができるため、売れ筋の商品を把握することが容易です。タブレットレジはタブレット端末にレジとしての機能を取り付けた種類で、画面で操作する事ができるため、初めて利用する人でも直感的に使いこなせます。また周辺の機器と無線で通信する事ができるため、無線が届く範囲であれば持ち運んで使えます。タブレットレジはサイズも小さいため、店舗が狭い場合でも邪魔になる事がありません。店舗にタブレットレジを導入することで、会計の混雑を回避する事ができるため、レストランや居酒屋などに適しています。